広島市中区の鍼灸院 縮景園前駅徒歩1分 トリガーポイント療法 土日診療

【症例】筋収縮性頭痛 40代男性

  • HOME »
  • 【症例】筋収縮性頭痛 40代男性
LINEで送る
Pocket

筋収縮性頭痛に対する鍼施術 40代男性

筋収縮性頭痛に対する鍼灸治療の症例報告をいたします。

頭痛は辛いですよね。頭が痛いと不安になります。

仕事に集中できなかったり悪循環に陥ります。

頭痛薬で痛みを抑えている方も多いと思います。

そんなときは鍼治療をオススメします。

主訴

・2ヵ月前から左後頭部が痛く、頭痛外来にて筋収縮性頭痛と診断。

・薬で抑えているが症状が変わらない。

・特に夜が辛く、安静時の方が痛みが強い。

治療 トリガーポイント鍼療法

当院は、広島鍼灸業界で初めての導入となる、最新型超音波エコーを用いて、筋肉や筋膜の状態、トリガーポイントの位置を目視で確認しながら確実な治療を行っております。(鍼によるエコーガイド下筋膜リリース

僧帽筋、肩甲挙筋、頭板状筋、半棘筋、頭最腸筋など

今回は、頭板状筋のトリガーポイントが原因で頭痛が起こっていました。

頭板状筋は、首の筋肉で、後頭骨(髪の生え際あたり)に付いていて、その部分にトリガーポイントができやすいです。

ここにトリガーポイントができると、後頭部が痛くなったり、こめかみなどに響く頭痛になってしまいます。

頭痛治療には、外せない筋肉です。

1~2回目:あまり気にならなくなった。斜角筋のコリ感が出る。

3回目:頭痛がなくなった。鍼をしてから薬を飲まなくなった。終了!

治療期間は8日です。

頭痛の90%は緊張型頭痛と言われています。

頭痛の患者さんの多くは、病院で異常なしと診断され来院するケースが多いです。

頭が痛いと不安ですが、筋肉系の頭痛なら鍼で十分改善します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〒730-0012 広島市中区上八丁堀4-28 松田ハイツ702

なかいし鍼灸院 広島治療室

TEL.050-1255-9166【鍼灸院固定電話】080-2945-8873【院長携帯】

休診日:第1土曜日、祝日(土日が祝日の場合は診療)今月の診療日でご確認ください!

担当 院長 髙野 髙野 髙野 院長 院長髙野 院長髙野
電話受付時間 9:00~16:00 13:00~21:00 13:00~21:00 13:00~21:00 9:00~16:00 9:00~16:00 9:00~16:00
診療時間 9:00~17:00 13:00~22:00 13:00~22:00 13:00~22:00 9:00~17:00 9:00~17:00 9:00~17:00

院長は鍼灸・接骨 なかいし(火・水・木)診療しています。

患者さんの感想

はじめての方へ

治療内容・料金

ご予約方法

アクセス

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ホームページを見て・・・とお電話ください! TEL 050-1255-9166【固定電話】080-2945-8873【院長携帯】 【予約受付時間】9:00~16:00
【診療時間】9:00~17:00

PAGETOP
Copyright © なかいし鍼灸院 広島治療室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.