広島市中区の鍼灸院 女学院前駅徒歩1分 八丁堀駅徒歩7分 トリガーポイント療法 土日診療

鍼によるエコーガイド下筋膜リリース

  • HOME »
  • 鍼によるエコーガイド下筋膜リリース
LINEで送る
Pocket

鍼によるエコーガイド下筋膜リリースとは?

IMG_6438

鍼によるエコーガイド下筋膜リリースとは、超音波エコーを用いて、筋膜の癒着部(トリガーポイント)を探し出し、エコー画像を見ながら刺鍼する新しい施術方法です。

従来の鍼治療は、治療者側の経験やイメージ、鍼先の感触、患者さんの鍼の感覚を頼りに治療をしていましたが、超音波エコー導入によってトリガーポイントの可視化、鍼先や身体の中の状態を観察しながら治療することが可能になりました。

そのため、体の深い部分や、神経、血管、肺の近くでも、安全で確実な施術が可能になり、今まで以上に質の高い治療を提供することができるようになりました。

筋膜の癒着がトリガーポイント

筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会の最新の研究では、「筋膜の癒着」がトリガーポイントであると考えています。

筋膜とは筋肉や内臓、骨など全身を包んでいる「膜」のことです。

例えば、長時間同じ姿勢や運動不足、過度な繰り返し動作などでこの膜が動かなくなり、膜同士が癒着してしまいます。

そして、筋膜が厚くなったり、滑りが悪くなったりすることによって痛みが引き起こされます。

TEST_20160330083747

実際に超音波エコーで観察すると、「筋膜の癒着」がある部分は、白い線が太く写ります。

その部分に鍼が当たると、「響き」や「認知覚(痛いとこに鍼が当たったと本能的に感じる感覚)」が生じ、症状が改善します。

鍼によるエコーガイド下筋膜リリース動画

棘下筋下部線維を狙った動画です。

左上から右下へ向かって鍼が侵入してきます。

真ん中にある白い膜を狙って刺入しています。

 

超音波エコーとは?

IMG_6467

超音波エコーは、よく妊婦健診で使っているイメージがあると思いますが、実は運動器疾患を診るのにとても効果的です。

トリガーポイントや筋膜が関係する痛みなのか、炎症があるのか、治療部位のリスク回避など鍼治療が適応範囲かを超音波エコーを使用することで、その精度を向上させることができます。

当院では、広島県鍼灸業界初導入の最新型超音波エコー機器 日立ノブルス(Noblus)を使用しております。

超音波エコーの特徴

IMG_6509

①人体に無害である

レントゲンやCTと異なり、人体に直接放射線を浴びることがありませんので、小さなお子様や妊娠中の方でも安心して使用できます。

また、人体に無害なので、繰り返し使用して経過を観察することができます。

②リアルタイムで状態を確認できる

筋肉や関節を動かしながら観察できるので、よりリアルに患部の状態を確認できます。

また鍼先や身体の中の状態を観ながら治療することが可能であり、一般的には刺鍼できない部位でも安心して治療ができます。

必要に応じて、動画や画像を保存することもできます。

③筋肉、腱、靭帯などの軟部組織の観察に優れている

レントゲンやCTには映らない痛みの原因、つまり観察が不可能なトリガーポイント、筋線維、靭帯、腱などの軟部組織が原因の場合、この超音波エコーが大変有効です。

超音波エコーを使用した患者さんの感想

・今までわからなかった痛みの原因(筋膜、トリガーポイント)が目でみえるので納得できる!

・エコー画面をみて説明が聞けるし、治療の経過も画像でみれるのでわかりやすい!

・通常では打てない場所でもエコー画面を観ながら、安全に治療してくれるので取りきれない症状が良くなる!

・血の流れも良くなったのが、目で見えるので満足感が高い!

などの声をいただいております。

 

ホームページを見て・・・とお電話ください! TEL 0846-64-5455【完全予約制】 9:00~17:00(土・日曜のみ診療)