LINEで送る
Pocket

野球肩、上腕二頭筋長頭腱炎に対する鍼灸治療の症例報告をいたします。

主訴

・4か月前から送球で肩を挙げたとき右肩が痛い

・リリースする前に痛みがある

・徐々に痛くなったわけでなく、1回投げて急に痛くなった

・ズキンとする鋭い痛みである

・ポジションは、キャッチャーである

・野球部監督の紹介で来院

症状

実際にボールを投げなくてもシャドーだけでも痛い。

投げる以外では物を持ち上げたときに痛い。

現在は、30mほど軽く投げている。

治療 トリガーポイント鍼療法

当院は、広島鍼灸業界で初めての導入となる、最新型超音波エコーを用いて、筋肉や筋膜の状態、トリガーポイントの位置を目視で確認しながら確実な治療を行っております。(鍼によるエコーガイド下筋膜リリース

【治療部位】

三角筋前部、中部線維、棘下筋、上腕二頭筋長頭腱(結節間溝)など

三角筋部を中心に治療しました。

1回目:三角筋中部線維で認知覚が出た。直後、楽である。

2回目:痛みが三角筋前部線維へ移動した。前回よりかなり痛みが軽減した。

認知覚が出ると、直後効果が出やすいです。

今回は、すぐ効果が出ましたが、長い間痛みを我慢しながら投げている野球肩は、もう少し時間がかかります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〒730-0012 広島市中区上八丁堀4-28 松田ハイツ702

なかいし鍼灸院 広島治療室

TEL.050-1255-9166【鍼灸院固定電話】080-2945-8873【院長携帯】

休診日:第1土曜日、祝日(土日が祝日の場合は診療)今月の診療日でご確認ください!

担当 院長 髙野 髙野 髙野 院長 院長髙野 院長髙野
電話受付時間 9:00~16:00 13:00~21:00 13:00~21:00 13:00~21:00 9:00~16:00 9:00~16:00 9:00~16:00
診療時間 9:00~17:00 13:00~22:00 13:00~22:00 13:00~22:00 9:00~17:00 9:00~17:00 9:00~17:00

院長は鍼灸・接骨 なかいし(火・水・木)診療しています。

患者さんの感想

はじめての方へ

治療内容・料金

ご予約方法

アクセス

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

The following two tabs change content below.
中石 真人
昭和59年生まれ。広島県在住。高校野球時代のケガをきっかけに鍼灸師の道へ。大崎上島町(平日診療)と八丁堀(土日診療)で「慢性的な痛み・シビレ、スポーツ疾患、自律神経失調症」に特化したトリガーポイント療法・筋膜リリース専門の鍼灸院を2店舗開院。日々診療にあたっている。大のカープファンである。 国家資格:鍼灸師・柔道整復師