LINEで送る
Pocket

【生活】パソコンを見て顔をしかめる女性近年、視力低下、視力の左右差が原因で頭痛やめまい、

ひどくなると吐き気を訴える方が増えています。

PCやスマホの普及で目を酷使することが増えてきたからだと思います。

視力が悪いだけならまだしもそれに伴い、

眼精疲労や頭痛やめまいが症状として現れると非常に辛いです。

そのような症状には、トリガーポイント鍼療法を受けていただきたいと思います。

トリガーポイント療法とは←コチラをクリック)

視力の左右差、目の疲れやかすみ、視力の悪さにより首の筋肉の緊張が増加するケースがあり、

その場合にはトリガーポイント鍼治療がとても有効です。

視力が悪いからといっても目の周りに鍼を打つわけではありません。

目に関係する症状には首の筋肉を治療しましょう!

頭半棘筋これは代表的な頚の筋肉で頭半棘筋といいます。

目の症状や頭痛に深く関わっている重要な筋肉です。

側頭筋これは側頭筋です。

目の周りに直接鍼を打つより少し離れた側頭筋も補助的に治療します。

目と頚はつながっています。

目が疲れると頚が悪くなる。頚が悪くなると目が疲れてくる。

目の症状に伴い、頭痛やめまい症状が慢性的になっている方には、

是非、トリガーポイント鍼療法を受けてみてください!

頭痛治療について←詳しくはこちら

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〒730-0012 広島市中区上八丁堀4-28 松田ハイツ702

なかいし鍼灸院 広島治療室

TEL.050-1255-9166【鍼灸院固定電話】080-2945-8873【院長携帯】

休診日:第1土曜日、祝日(土日が祝日の場合は診療)今月の診療日でご確認ください!

担当 院長 髙野 髙野 髙野 院長 院長髙野 院長髙野
電話受付時間 9:00~16:00 13:00~21:00 13:00~21:00 13:00~21:00 9:00~16:00 9:00~16:00 9:00~16:00
診療時間 9:00~17:00 13:00~22:00 13:00~22:00 13:00~22:00 9:00~17:00 9:00~17:00 9:00~17:00

院長は鍼灸・接骨 なかいし(火・水・木)診療しています。

患者さんの感想

はじめての方へ

治療内容・料金

ご予約方法

アクセス

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

The following two tabs change content below.
中石 真人
昭和59年生まれ。広島県在住。高校野球時代のケガをきっかけに鍼灸師の道へ。大崎上島町(平日診療)と八丁堀(土日診療)で「慢性的な痛み・シビレ、スポーツ疾患、自律神経失調症」に特化したトリガーポイント療法・筋膜リリース専門の鍼灸院を2店舗開院。日々診療にあたっている。大のカープファンである。 国家資格:鍼灸師・柔道整復師