広島市中区の鍼灸院 縮景園前駅徒歩1分 トリガーポイント療法 土日診療

腰部脊柱管狭窄症に対する鍼灸治療 50代女性

  • HOME »
  • 腰部脊柱管狭窄症に対する鍼灸治療 50代女性
LINEで送る
Pocket

腰部脊柱管狭窄症に対する鍼灸治療 50代女性

腰部脊柱管狭窄症に対する鍼灸治療の症例報告をいたします。

症状

・一昨日、腰部脊柱管狭窄症と診断された。

・3ヵ月前から症状があり、血液循環をよくする点滴を10回した。その後神経ブロックをすると言われた。

・症状に変化がないなら手術をすすめられている。

・右殿部~大腿部裏~下腿後面が痛だるい。

・50m以上歩けない。つま先立ちできない。

・歩行、長時間坐位、車のブレーキを踏むとき力が入らない。

治療 トリガーポイント鍼療法

当院は、広島鍼灸業界で初めての導入となる、最新型超音波エコーを用いて、筋肉や筋膜の状態、トリガーポイントの位置を目視で確認しながら確実な治療を行っております。(鍼によるエコーガイド下筋膜リリース

目標はとにかく普通に歩けるように!

多裂筋、最腸筋、大殿筋、中殿筋、仙結節靭帯、ハムスト、腓腹筋

ももの裏~ふくらはぎにかけて痛みが強く出ていたので、大殿筋も丁寧に治療していきました。

腰部脊柱管狭窄症の治療は、腰椎椎間板ヘルニアに比べて治りが悪い傾向にあり、症状に応じた治療が求められます。

遠方からの通院のため、来れる範囲で治療を行いました。

1回目:直後効果は特になし。

2回目:治療後かなり楽になった。

3回目:腰が気になり出した。

4回目:1回目の痛みが10だとすると今は2、3くらい。一旦終了。

ここまで1ヵ月と3週間です。

治療間隔は、2週間に1回です。脊柱管狭窄症の完治は非常に難しいです。

4回の単発の治療でここまでの改善は上出来だと思います。

痛みなく歩けることが目標だったので、ひとまず様子見となりました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〒730-0012 広島市中区上八丁堀4-28 松田ハイツ702

なかいし鍼灸院 広島治療室

TEL.050-1255-9166【鍼灸院固定電話】080-2945-8873【院長携帯】

休診日:第1土曜日、祝日(土日が祝日の場合は診療)今月の診療日でご確認ください!

担当 院長 髙野 髙野 髙野 院長 院長髙野 院長髙野
電話受付時間 9:00~16:00 13:00~21:00 13:00~21:00 13:00~21:00 9:00~16:00 9:00~16:00 9:00~16:00
診療時間 9:00~17:00 13:00~22:00 13:00~22:00 13:00~22:00 9:00~17:00 9:00~17:00 9:00~17:00

院長は鍼灸・接骨 なかいし(火・水・木)診療しています。

患者さんの感想

はじめての方へ

治療内容・料金

ご予約方法

アクセス

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ホームページを見て・・・とお電話ください! TEL 050-1255-9166【固定電話】080-2945-8873【院長携帯】 【予約受付時間】9:00~16:00
【診療時間】9:00~17:00

PAGETOP
Copyright © なかいし鍼灸院 広島治療室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.