広島市中区の鍼灸院 縮景園前駅徒歩1分 トリガーポイント療法 土日診療

【症例】急性腰痛 60代男性

  • HOME »
  • 【症例】急性腰痛 60代男性
LINEで送る
Pocket

急性腰痛に対する鍼施術 60代男性

急性腰痛に対する鍼灸治療の症例報告をいたします。

主訴

・今日、重い物を運んで右腰が痛くなった。

・笑ったり咳など少しの振動で激痛。

・数日前から右背部~腰部にかけて気になっていた。

視診・触診

・前かがみにならないと痛くて歩けない(背中を伸ばせない)

・左と比べ、右最腸筋(背骨寄りの盛り上がっている筋)緊張が強いが圧痛はない。

運動検査

・前屈が楽

・後屈(後ろに反る動作)不可

・左回旋(+)

治療 トリガーポイント鍼療法

当院は、広島鍼灸業界で初めての導入となる、最新型超音波エコーを用いて、筋肉や筋膜の状態、トリガーポイントの位置を目視で確認しながら確実な治療を行っております。(鍼によるエコーガイド下筋膜リリース

多裂筋・最腸筋・腸肋筋・大殿筋起始部・中殿筋

今回は、大殿筋仙骨付着部のトリガーポイントが原因で腰痛になっていました。

急な腰痛というと、腰に注目してしまいがちですが、お尻に原因があったケースです。

意外に、大殿筋が原因で腰痛を感じている人が多い印象です。

1回目:背中を伸ばして歩けるようになった。
(VAS 10→8)
痛みはそこまで変わっていないとのこと。

2回目:大殿筋仙骨付着部で認知覚が出た。10本集中して鍼を打つ。
(VAS 8→1)
治療後、ほぼ痛みが消えた。

今度は違う場所が気になる。

考察

治療期間は2日で2回です。

鍼で認知覚が出れば、直後効果・持続効果は抜群です。

認知覚とは・・・

痛みの根本的な原因(責任トリガーポイントという)に鍼が当たると、

『悪いとこはそこだ!(症状の再現)』と脳が認識します。(←これを認知覚という

これはトリガーポイントの概念において重要なキーワードです。

例えば「なんとなくこの辺が痛い、だるい」など、経験があるかと思います。

脳って曖昧に痛む場所を認識しています。時には間違って認識している。

どこが痛いかはっきりわかってないんです。

だからそんな場所にただ鍼やマッサージをしたって治りませんよね。原因部位ではないので。

多少は楽になるか・・・でもすぐ元に戻る。意味ないですね。結局、通院日数が増えるだけ。

重要なことは、

どこが本当の痛みの発生源なのか感じてもらうこと。

脳が間違って認識している痛みの場所を「ここが悪い部位だ!」と認知させること。

それができるのは鍼だけです。

マッサージでは上っ面治療で終わってしまいます。

実際、認知覚を出すことは難しいですが、認知覚が出ればきっと感動を与えることができる、そう思います。

今後も常に認知覚を追い求めて結果の出せる治療家を目指します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〒730-0012 広島市中区上八丁堀4-28 松田ハイツ702

なかいし鍼灸院 広島治療室

TEL.050-1255-9166【鍼灸院固定電話】080-2945-8873【院長携帯】

休診日:第1土曜日、祝日(土日が祝日の場合は診療)今月の診療日でご確認ください!

担当 院長 髙野 髙野 髙野 院長 院長髙野 院長髙野
電話受付時間 9:00~16:00 13:00~21:00 13:00~21:00 13:00~21:00 9:00~16:00 9:00~16:00 9:00~16:00
診療時間 9:00~17:00 13:00~22:00 13:00~22:00 13:00~22:00 9:00~17:00 9:00~17:00 9:00~17:00

院長は鍼灸・接骨 なかいし(火・水・木)診療しています。

患者さんの感想

はじめての方へ

治療内容・料金

ご予約方法

アクセス

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ホームページを見て・・・とお電話ください! TEL 050-1255-9166【固定電話】080-2945-8873【院長携帯】 【予約受付時間】9:00~16:00
【診療時間】9:00~17:00

PAGETOP
Copyright © なかいし鍼灸院 広島治療室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.