広島市中区の鍼灸院 縮景園前駅徒歩1分 トリガーポイント療法 土日診療

腰椎すべり症、変形と筋萎縮がある腰痛に対する鍼灸治療 70代女性

  • HOME »
  • 腰椎すべり症、変形と筋萎縮がある腰痛に対する鍼灸治療 70代女性
LINEで送る
Pocket

腰椎すべり症、変形と筋萎縮がある腰痛に対する鍼灸治療  70代女性

腰椎すべり症、変形と筋萎縮がある腰痛に対する鍼灸治療の症例報告をいたします。

症状

・介護での中腰姿勢が痛い。その姿勢から元に戻すときはもっと痛い、伸びにくい。

・長時間同じ姿勢や歩行時は重だるい。

・1年以上前から腰痛はあり最近痛みが強くなった。

・整形外科で「すべり症」と言われた。

触診

腰椎後弯が強い、側弯もある。

腰の筋肉の萎縮が強い。

治療部位

当院は、広島鍼灸業界で初めての導入となる、最新型超音波エコーを用いて、筋肉や筋膜の状態、トリガーポイントの位置を目視で確認しながら確実な治療を行っております。(鍼によるエコーガイド下筋膜リリース

多裂筋、最腸筋、腸肋筋、肋骨突起付着部、殿筋など

筋萎縮を伴う長年の腰痛は、時間がかかります。

今回は多裂筋のトリガーポイントを中心に、週2回、8回治療を行いました。

1回目:治療後少し軽くなった。

2回目:普段、仰向けで寝ると痛いのに痛みがなく楽だった。

3回目:中腰はあまり痛くない。今は重だるさが主症状。

4~7回目:中腰からの立ち上がりの痛みがなくなった。重だるさが残っている。

8回目:少しずつだるさもとれているが完治はしていない。日常生活に支障がないので終了。

元々腰痛があり、普段の痛みのレベルまで5回の治療で治りました。

その後完治を目指し治療を行ったが8回で終了しました。

改めて、筋萎縮を伴う疾患は完治に時間がかかることがわかりました。

治療側と患者側で治療目的をもって、どの痛みレベルまで治すのかインフォームドコンセントが必要です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〒730-0012 広島市中区上八丁堀4-28 松田ハイツ702

なかいし鍼灸院 広島治療室

TEL.050-1255-9166【鍼灸院固定電話】080-2945-8873【院長携帯】

休診日:第1土曜日、祝日(土日が祝日の場合は診療)今月の診療日でご確認ください!

担当 院長 髙野 髙野 髙野 院長 院長髙野 院長髙野
電話受付時間 9:00~16:00 13:00~21:00 13:00~21:00 13:00~21:00 9:00~16:00 9:00~16:00 9:00~16:00
診療時間 9:00~17:00 13:00~22:00 13:00~22:00 13:00~22:00 9:00~17:00 9:00~17:00 9:00~17:00

院長は鍼灸・接骨 なかいし(火・水・木)診療しています。

患者さんの感想

はじめての方へ

治療内容・料金

ご予約方法

アクセス

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ホームページを見て・・・とお電話ください! TEL 050-1255-9166【固定電話】080-2945-8873【院長携帯】 【予約受付時間】9:00~16:00
【診療時間】9:00~17:00

PAGETOP
Copyright © なかいし鍼灸院 広島治療室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.