LINEで送る
Pocket

肩外側の出っ張りの骨周辺の痛みに対する鍼灸治療の症例報告をいたします。

主訴

・2週間前より左肩外側の出っ張りの骨周辺が投球時に痛む。

・以前当院で左肘痛を治療した経緯があり、今度は肩が痛くなったため早めに来院。

・中学軟式野球部に所属している。

症状

・日常生活で痛みはない。

・投球時のみ痛みがある。

・瞬間的な鋭い痛みである。

・押さえると痛みあり。

治療 トリガーポイント鍼療法

当院は、広島鍼灸業界で初めての導入となる、最新型超音波エコーを用いて、筋肉や筋膜の状態、トリガーポイントの位置を目視で確認しながら確実な治療を行っております。(鍼によるエコーガイド下筋膜リリース

三角筋中部線維と肩甲骨肩峰骨膜のMPSと判断し、トリガーポイント鍼治療を行いました。

【治療部位】

三角筋中部線維、肩甲骨肩峰骨膜など

三角筋は、肩関節を覆っている筋肉で、前・中・後部線維からなり、痛みの出方によって、治療部位が変わります。

今回は、触診で三角筋の中部線維と肩峰という骨にトリガーポイントが形成されていました。

1回目:触診にて、三角筋中部線維と肩峰直下に投球時と同じ痛みが再現されたため、その部位に集中的に鍼治療を行う。患部に鍼が当たると痛みの再現あり。

2回目:前回の治療後、少し痛みが軽減した。軽くキャッチボールをしながら塁間までは痛みなく投げられるとのこと。

3回目:初回10の痛みが3になった。痛みがなければスローイングの距離をのばすよう指導。

4回目:調子良くなり、今まで通り投げられるようになったとのこと。

まとめ

野球肩の症例です。

以前、野球肘の治療をして治った経緯があり、すぐ来院されました。

治療間隔は、2週間に1回の治療でした。

治療期間は、痛みがなければキャッチボールをしてもらい、少しずつ距離をのばしていくように指導しました。

前回の野球肘の治療のときも、同じように投球を続けていきながら治していきました。

痛みの程度によっては、ノースローを指示することもありますが、投げながらでも治る症状と判断しました。

中学生は、まだまだしっかりとした筋肉が出来上がっていませんので、投球過多になると、痛みが出てきます。

早めの対処で治療していくべきです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〒730-0013 広島市中区八丁堀1-23 ヴェル八丁堀1214

なかいし鍼灸院 広島治療室

院長 中石真人  詳しくはコチラ→プロフィール

TEL.0846-64-5455 または 080-2945-8873【完全予約制】

ご予約は、「広島治療室の件で・・・」とお電話ください!

診療日:第1以外の土・日曜日(月6回) 

今月の診療日でご確認ください!

診療時間:9:00~17:00

平日はコチラで治療しています→鍼灸・接骨 なかいし

患者さんの感想

はじめての方へ

治療内容・料金

ご予約方法

アクセス

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

The following two tabs change content below.
中石 真人
昭和59年生まれ。広島県在住。高校野球時代のケガをきっかけに鍼灸師の道へ。大崎上島町(平日診療)と八丁堀(土日診療)で「慢性的な痛み・シビレ、スポーツ疾患、自律神経失調症」に特化したトリガーポイント療法・筋膜リリース専門の鍼灸院を2店舗開院。日々診療にあたっている。大のカープファンである。 国家資格:鍼灸師・柔道整復師