昨日の中国新聞に「発達障害の治療にはり」という記事が載っていました。

発達障害の治療にはり以下記事内容をまとめると↓↓

鍼治療が脳卒中や神経症に効果があるとWHO(世界保健機関)が認めていることに着目し、

脳機能の障害である発達障害の改善にもつながるのではないかと考えた。

一症例として、他人とコミュニケーションをとるのが難しいアスペルガー症候群の男性は、

2ヵ月ほどの鍼治療で周囲との会話がかみ合うようになり、就職もできた。

社会的に自立する希望がみえた。とのこと。

他17人のデータを分析した結果、大幅な改善があったという。

子どもの場合、

①落ち着いて授業を受けられるようになる

②計算を嫌がらずできるようになる

③ノートの字が整う

といった変化がみられた。

心理療法や行動療法とも組み合わせ、効果の検証を続けていく。

東洋医学と西洋医学の双方から、患者にとっての「ベスト」を選び取る「統合医療」が今後の主流なる。

以上。

うちは、運動器疾患に限定して治療しているので、このような症状に関してはよくわかりませんが、

鍼治療の未来は明るい、可能性がある治療法だと思います。

結局は、「患者にとってのベスト」を考えることでしょうね。

当院は、他院との併用治療もOKです。その方が効果が出やすいケースもあるからです。

どんな形であれ、早く治ればいいんですよ。

必要なときに必要とされる治療家を目指しています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〒730-0013 広島市中区八丁堀1-23 ヴェル八丁堀1214

なかいし鍼灸院 広島治療室

院長 中石真人  詳しくはコチラ→プロフィール

TEL.0846-64-5455 または 080-2945-8873【完全予約制】

ご予約は、「広島治療室の件で・・・」とお電話ください!

診療日:第1以外の土・日曜日(月6回) 

今月の診療日でご確認ください!

診療時間:9:00~17:00

平日はコチラで治療しています→鍼灸・接骨 なかいし

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

The following two tabs change content below.
中石 真人
昭和59年生まれ。広島県在住。高校野球時代のケガをきっかけに鍼灸師の道へ。大崎上島町(平日診療)と八丁堀(土日診療)で「慢性的な痛み・シビレ」に特化した鍼灸院を開院。日々診療にあたっている。大のカープファンである。 国家資格:鍼灸師・柔道整復師