【肩こり】首の後ろをのばす女性

下記のような症状でお悩みではないですか?

緊張型頭痛、めまい、自律神経失調症、うつ傾向、パニック障害、むちうち症状、更年期障害、慢性疲労症候群、 ドライアイ、多汗症、不眠症、過敏性腸症候群、VDT症候群、ドライマウス など。

病院で検査をしても原因不明の症状は、実は首のこりが関係している可能性があります。

この頚性神経筋症候群(CNMS)、いわゆる首こり病は、東京脳神経センターの松井先生によって発見された病気です。

首こり病でお悩みの方は、チェックしてみてください。

頚性神経筋症候群(首こり病)チェックシート

下記の30項目は、頚性神経筋症候群(首こり病)の診断基準です。

いくつ当てはまるかチェックしてみましょう。

1.頭が痛い、頭が重い

2.首が痛い、首がこる

3.肩が張る、肩がこる

4.風邪をひきやすい

5.めまいやふらつきがある

6.振り向いたときや歩行中に不安感がある

7.吐き気がある

8.夜寝つきが悪い、途中で目覚める

9.血圧が不安定

10.温かい場所に長時間いられない

11.異常に汗をかく

12.静かにしていても心臓がドキドキする、動悸がする

13.目が見えにくい、ぼやける

14.目が疲れる、目を開けていられない

15.まぶしい、目の奥が痛い

16.目が乾燥する、涙が出やすい

17.唾液が出やすい、出過ぎる

18.微熱が出る

19.胃腸の調子が悪い、腹部膨満感がある

20.だるくて横になりたくなる

21.疲れやすい、全身に倦怠感がある

22.やる気が出ない

23.天気が悪い日やその前日は症状が強い

24.気分が落ち込む

25.集中力が出ない

26.不安感がある

27.イライラする

28.根気が出ず仕事に影響が出る

29.のぼせ、手足の冷え、しびれ

30.胸の痛み、圧迫感、しびれ

・正常・・・1~4項目

・軽症・・・5~10項目

・中症・・・11~17項目

・重症・・・18項目以上

いかがでしたか?

中症以上になると、表面の筋肉の凝りだけでなく、深層の凝りが原因となってくるケースが非常に高いです。

一度、ご相談ください。

頚性神経筋症候群(CNMS)治療←当院では、このような治療をしています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〒730-0013 広島市中区八丁堀1-23 ヴェル八丁堀1214

なかいし鍼灸院 広島治療室

院長 中石真人  詳しくはコチラ→プロフィール

TEL.0846-64-5455 または 080-2945-8873【完全予約制】

ご予約は、「広島治療室の件で・・・」とお電話ください!

診療日:第1以外の土・日曜日(月6回) 

今月の診療日でご確認ください!

診療時間:9:00~17:00

平日はコチラで治療しています→鍼灸・接骨 なかいし

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

The following two tabs change content below.
中石 真人
昭和59年生まれ。広島県在住。高校野球時代のケガをきっかけに鍼灸師の道へ。大崎上島町(平日診療)と八丁堀(土日診療)で「慢性的な痛み・シビレ」に特化した鍼灸院を開院。日々診療にあたっている。大のカープファンである。 国家資格:鍼灸師・柔道整復師