%e9%87%8e%e7%90%83%e8%82%a9%e3%80%81%e9%87%8e%e7%90%83%e8%82%98

当院は、広島県広島市中区八丁堀にある野球肩・野球肘治療専門の鍼灸治療院です。

肩や肘の痛みで思うようにボールが投げれない、大事な試合が近づいているなど気持ちに焦りがありませんか?

そのまま放置していると、精神的なストレスにもなり、プレーにも支障が出てしまいます。

そうならないためにも、どこか良い治療院はないかな~と探しておられるはずです。

私は、高校まで野球一筋で、中学、高校では、肩の痛みに悩まされました。

野球をするにあたり、打つ、走るよりボールを投げることができない辛さは人一倍わかります。

野球肩・野球肘を治すには、鍼灸、マッサージ、電気治療、整体、ストレッチ…

実に様々な治療方法があります。

実際どれが効果的なのか、正直迷うのではないでしょうか?

私は、「正しい医学的理論」に裏付けられた治療方法こそ、野球肩・野球肘にとって最良の方法と考えております。

数多くある鍼灸院の中でも当院の鍼治療は、医師も推薦するMPS理論(筋膜性疼痛症候群)に基づいたトリガーポイント療法をベースに治療しております。

当院の野球肩・野球肘治療に興味をお持ちの方は、是非、参考にしてみてください。

野球肩・野球肘とは

野球肩とは、投球動作の繰り返しによって肩腱板、関節唇、関節包、筋肉などが損傷され、痛みと運動障害を起こす病態です。

野球肘とは、野球肩と同様、投球動作の繰り返しによって肘関節に起こる種々の障害の総称です。

野球肩・野球肘とも野球に伴う肩と肘の関節周囲の障害の総称であり、病態は様々です。

野球肩・野球肘の原因

オーバーユースが一番の原因です。

使い過ぎということです。

軟式から硬式にかわって、筋肉があまりできあがってない状態で数多く投げたりして傷めることもあります。

小学、中学生の頃は、まだ骨がしっかりしていない状態なので、過度なストレスは痛みの原因となります。

野球肩・野球肘の症状

野球肩・野球肘の症状は、投球時の痛み、関節の可動域制限が出てきます。

ひどい状態だと野球のプレー以外でも痛みを感じることもあります。

野球肩・野球肘とも病院で細かく診察してもらうと、病態がはっきりわかります。

野球肩の種類には、

インピンジメント症候群

インピンジメントとは、「衝突」という意味です。

腱板関節面と後上方関節唇の衝突により痛みが出る病態です。

腱板断裂、腱板炎

詳しくはこちらを参照してください→(腱板断裂・腱板損傷・腱板炎

関節唇損傷、SLAP損傷、ベネット損傷

関節唇とは、肩の受け皿(肩甲骨関節窩)を覆う組織です。

上・下・前・後の4つで構成されていますが、その部分が損傷して痛みが出る病態です。

SLAP損傷は、上方関節唇の損傷、ベネット損傷は、肩関節窩後下方にできる骨棘が原因で痛みが出る病態です。

上腕骨近位端離開(リトルリーガーズショルダー)

上腕骨の先端の骨端線が傷つき、幅が広がったりずれたりする病態です。

小学、中学生はまだ骨や筋肉が未発達なので起こりやすいです。

野球肘の種類には、

上腕骨内側上顆炎

上腕骨内側上顆には、尺側手根屈筋をはじめ、多くの筋肉が着いており、そこにストレスがかかって肘の内側に痛みが出る病態です。

骨端線離開、骨端核異常

上腕骨小頭の骨端線の幅が広がったりして痛みが出ます。

尺側側副靭帯損傷

肘の内側にある尺側側副靭帯が損傷して痛みが出ます。

上腕三頭筋腱炎

肘の後ろにある上腕三頭筋腱の炎症により痛みが出ます。

離断性骨軟骨炎、関節内遊離体(関節ねずみ)

肘の外側の軟骨が剥がれていく病態で、それが剥がれてしまうと関節内ねずみといわれ、痛みの原因となります。

野球肩・野球肘に対する治療方針

当院の考える野球肩・野球肘に対する治療方針を説明します。

多くの方が野球肩・野球肘の症状で悩んでおられます。

その中でも現在の治療に満足していない!という患者さんを多く診てきました。

鍼治療は、私とあなたが同じ目標に向かって改善を目指す共同作業です。

当院では、慢性的な症状を少しでも楽に、痛みのない元の生活に戻れるよう全力で治療することをモットーにしております。

IMG_6438

冒頭にも書いた通り、当院の鍼治療は、MPS理論に基づいたトリガーポイント療法をベースに治療していきます。

簡単にいいますと、野球肩・野球肘の痛みの原因として「筋膜の癒着」が大きく関わっています。

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことです。

身体を酷使したり、長時間同じ姿勢でいると、その筋膜に異変が生じ痛みやコリ、違和感を感じるようになります。

野球肩・野球肘の症状を解消するためには、この筋膜を整え、本来あるべき状態へ導く必要があります。

※詳しくはこちらを参照してください(筋膜性疼痛症候群、トリガーポイント療法とは

野球肩・野球肘に対するトリガーポイント療法、筋膜リリース

そこで効果的なのが鍼による筋膜リリースです。

当院は、広島鍼灸業界で初めての導入となる、最新型超音波エコーを用いて、筋肉や筋膜の状態、トリガーポイントの位置を目視で確認しながら確実な治療を行っております。(鍼によるエコーガイド下筋膜リリース

基本的に野球肩・野球肘は、保存療法(ストレッチ、筋力強化、可動域訓練)で様子をみることが多いです。

しかし、それだけは痛みがとれない場合もありますので、当院では、鍼治療で痛みをとります。

保存療法で症状が良くならない方は、鍼治療をお勧めます。

当院では、関節内へのアプローチはできませんが、痛みの多くは関節の外で起こっています。

やはり繰り返し動作は、その動きを行う筋肉や腱が傷んでいます。

肩・肘関節を構成する筋肉や腱、骨膜にトリガーポイントが形成されることがほとんどです。

野球肩の場合、リリース前、リリース時、リリース後のフォロースルーで痛いのか、どの動きで痛みが出るのか検査します。

腱板を構成する筋(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)、三角筋、上腕二頭筋長頭腱、上腕三頭筋、大胸筋が原因かもしれません。

肩には多くの筋肉が付いていて複雑な動きをするので、注意深く触診します。

代表的な筋肉として肩甲下筋があります。

肩甲下筋

長年、肩関節を酷使しているとこの肩甲下筋が固くトリガーポイント化してきます。

五十肩の治療でも使う重要な筋肉です。

野球肘の場合は、肘の内側、外側、肘頭(後方の出っ張り部分)などに痛みが出ます。

尺側手根屈筋

例えば、肘の内側が痛い場合は、前腕の尺側手根屈筋腱をはじめ、上腕骨内側上顆に付着する腱やその骨膜にトリガーポイントが形成されます。

少し鋭い痛みが走りますが、傷んでいる局所を狙った方が治りが早いです。

野球肩・野球肘の治療回数目安

何ヵ月も何年も続いている症状が1回の治療で良くなることは、通常あまりありません。

悪くなるだけの痛みの歴史がありますので、初めは5回程度続けることをご提案しております。

野球肩・野球肘に関する記事

準備中

野球肩・野球肘の鍼灸臨床症例集

野球肘(肘内側の痛み)に対する鍼灸治療(10代男性)

野球肩、上腕二頭筋長頭腱炎に対する鍼灸治療(10代男性)

野球肩・野球肘患者さんの感想

準備中

患者さんの感想

はじめての方へ

治療内容・料金

ご予約方法

アクセス

野球肩・野球肘でお困りの方は、是非ご来院ください!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〒730-0013 広島市中区八丁堀1-23 ヴェル八丁堀1214

なかいし鍼灸院 広島治療室

院長 中石真人  詳しくはコチラ→プロフィール

TEL.0846-64-5455 または 080-2945-8873【完全予約制】

ご予約は、「広島治療室の件で・・・」とお電話ください!

診療日:第1以外の土・日曜日(月6回) 

今月の診療日でご確認ください!

診療時間:9:00~17:00

平日はコチラで治療しています→鍼灸・接骨 なかいし

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

The following two tabs change content below.
中石 真人
昭和59年生まれ。広島県在住。高校野球時代のケガをきっかけに鍼灸師の道へ。大崎上島町(平日診療)と八丁堀(土日診療)で「慢性的な痛み・シビレ」に特化した鍼灸院を開院。日々診療にあたっている。大のカープファンである。 国家資格:鍼灸師・柔道整復師