LINEで送る
Pocket

【生活】つらそうに横たわる女性

当院は、広島県広島市中区八丁堀にある自律神経失調症治療専門の鍼灸治療院です。

原因不明な症状が出て何科を受診すればいいのか迷っていませんか?

薬も少しずつ減らしていきたいと思いませんか?

そのまま放置していると、精神的なストレスにもなり、日常生活に支障が出てしまいます。

そうならないためにも、どこか良い治療院はないかな~と探しておられるはずです。

自律神経失調症を治すには、鍼灸、マッサージ、電気治療、整体、ストレッチ…

実に様々な治療方法があります。

実際どれが効果的なのか、正直迷うのではないでしょうか?

私は、「正しい医学的理論」に裏付けられた治療方法こそ、○○にとって最良の方法と考えております。

数多くある鍼灸院の中でも当院の鍼治療は、医師も推薦するMPS理論(筋膜性疼痛症候群)に基づいたトリガーポイント療法をベースに治療しております。

当院の自律神経失調症治療に興味をお持ちの方は、是非、参考にしてみてください。

自律神経失調症とは

よく「自律神経失調症」という病名を聞くことがありますが、どういう状態のことを言うのか説明します。

自律神経失調症という病名を付けるにあたって、とくに確立された診断基準があるわけではありません。

例えば、めまいやふらつきの症状があるとします。病院で様々な検査をしたが異常がないというケースが多々あります。

このような症状を不定愁訴といいます。

はっきりとした原因がわからない不定愁訴、自律神経系の問題が関わっているため、自律神経失調症とひとくくりにして呼んでいます。

自律神経の働き

では、自律神経とは、どのような働きをするのでしょうか。

自律神経は、交感神経と副交感神経に分かれます。

この2つの神経がお互いにバランスよく働いている状態が健康であるといえます。

交感神経・・・緊張する場面、ストレスがかかるときに働きます。

副交感神経・・・休憩、寝ている、リラックスするときに働きます。

この2つの神経は、正反対の作用があるということです。

普段の生活の中で朝起きて仕事または学校(交感神経が優位に働く)、夜帰宅し、ゆっくりと一日の疲労をとる(副交感神経が優位に働く)

この状態こそが、互いのバランスがうまくコントロールされていると言えます。

自律神経失調症の原因

【頭痛】頭痛に悩むビジネススーツの女性

自律神経失調症の原因は様々ですが、その人の置かれている環境が大きな要因と言えます。

①不規則な生活習慣、生活リズムの乱れ、ライフスタイルの変化

②過度なストレス(人間関係、環境の変化)

③デスクワークの増加による運動不足

④ホルモンバランス

など、いろんな原因が複雑に絡み合っていることが多いです。

特に自律神経が失調する原因として、心と身体の疲れや常に休むことなく緊張状態が続いていることが大きな原因です。

自律神経失調症の症状

頭痛、偏頭痛、頭重感、筋緊張性頭痛、ドライアイ、耳鳴り、耳の閉塞感、喉の異物感・圧迫感・イガイガ感、味覚障害、唾液が異常に出る、動悸、胸の圧迫感、めまい、たちくらみ、息苦しさ、過敏性腸症候群、胃の不快感、便秘、下痢、疲れやすい、微熱、倦怠感、疲労感、不眠、更年期障害、CNMS(頚性神経筋症候群)

など、自律神経失調症の症状は、全身まで多岐にわたります。

このように自律神経は、全身の器官をコントロールしているので、症状の出方もそれぞれ違ってくるのです。

自律神経失調症に対する治療方針

当院の考える自律神経失調症に対する治療方針を説明します。

多くの方が自律神経失調症で悩んでおられます。

その中でも現在の治療に満足していない!という患者さんを多く診てきました。

鍼治療は、私とあなたが同じ目標に向かって改善を目指す共同作業です。

当院では、慢性的な症状を少しでも楽に、元の生活に戻れるよう全力で治療することをモットーにしております。

IMG_6438

冒頭にも書いた通り、当院の鍼治療は、MPS理論に基づいたトリガーポイント療法をベースに治療していきます。

簡単にいいますと、自律神経失調症の原因として「筋膜の癒着」が大きく関わっています。

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことです。

身体を酷使したり、長時間同じ姿勢でいると、その筋膜に異変が生じ痛みやコリ、違和感を感じるようになります。

筋膜にアプローチすることで、身体の緊張が緩みます。

自律神経失調症の症状を解消するためには、この筋膜を整え、本来あるべき状態へ導く必要があります。

※詳しくはこちらを参照してください(筋膜性疼痛症候群、トリガーポイント療法とは

自律神経失調症に対するトリガーポイント療法、筋膜リリース

そこで効果的なのが鍼による筋膜リリースです。

当院は、広島鍼灸業界で初めての導入となる、最新型超音波エコーを用いて、筋肉や筋膜の状態、トリガーポイントの位置を目視で確認しながら確実な治療を行っております。(鍼によるエコーガイド下筋膜リリース

鍼治療は、自律神経に深くアプローチできる方法です。

交感神経の活動を抑え、副交感神経の活動を活発にすることができます。

自律神経失調症の治療は、首~肩~背中を中心にトリガーポイントに鍼を打ちます。

後頭下筋

後頭下筋という筋肉です。身体の深部にあり、自律神経に大きく関わっています。

比較的軽度な自律神経失調症なら狙いませんが、頑固な症状には必ず狙う筋肉です。

多裂筋2

多裂筋です。首~腰まで背骨の際の最も深い場所にあります。

この多裂筋を緩めることで自律神経のバランスが整い、症状が改善します。

自律神経失調症の治療は、特に身体の奥深くにアプローチすることが症状改善への近道です。

まずは、表面の最も浅い筋肉から緩めていき、それからより深くアプローチしていきます。

自律神経失調症の治療回数目安

何ヵ月も何年も続いている症状が1回の治療で良くなることは、通常あまりありません。

悪くなるだけの痛みの歴史がありますので、初めは5回程度続けることをご提案しております。

自律神経失調症に関する記事

準備中

自律神経失調症の鍼灸臨床症例集

自律神経失調症、不眠症、上半身のだるさに対する鍼灸治療(10代女性)

バイク事故による首・肩の慢性的なこりと痛み、うつ傾向、眼精疲労、寝汗、自律神経症状に対する鍼灸治療(30代男性)

インプラント手術後の眼窩下神経損傷による顔面のシビレ、首・肩こりによる頭痛、吐き気、自律神経症状に対する鍼灸治療(30代女性)

頚性神経筋症候群(首こり病)、頭痛に伴う額のモワモワ感、息苦しさに対する鍼灸治療(30代女性)

首肩こりからくるフワフワめまい、ふらつき、眼精疲労、不眠に対する鍼灸治療(50代女性)

首肩こりに伴う頭痛、めまい(立ちくらみ)、吐き気、耳鳴り、足のむくみ、冷えに対する鍼灸治療(40代女性)

閃輝暗点、首肩こりによる片頭痛に対する鍼灸治療(40代女性)

ヒステリー球(ストレス球)、喉のつまり感、息苦しさに対する鍼灸治療(40代女性)

自律神経失調症患者さんの感想

※クリックすると大きくなります

患者さんの声6

患者さんの感想

はじめての方へ

治療内容・料金

ご予約方法

アクセス

自律神経失調症でお困りの方は、是非ご来院ください!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〒730-0013 広島市中区八丁堀1-23 ヴェル八丁堀1214

なかいし鍼灸院 広島治療室

院長 中石真人  詳しくはコチラ→プロフィール

TEL.0846-64-5455 または 080-2945-8873【完全予約制】

ご予約は、「広島治療室の件で・・・」とお電話ください!

診療日:第1以外の土・日曜日(月6回) 

今月の診療日でご確認ください!

診療時間:9:00~17:00

平日はコチラで治療しています→鍼灸・接骨 なかいし

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

The following two tabs change content below.
中石 真人
昭和59年生まれ。広島県在住。高校野球時代のケガをきっかけに鍼灸師の道へ。大崎上島町(平日診療)と八丁堀(土日診療)で「慢性的な痛み・シビレ、スポーツ疾患、自律神経失調症」に特化したトリガーポイント療法・筋膜リリース専門の鍼灸院を2店舗開院。日々診療にあたっている。大のカープファンである。 国家資格:鍼灸師・柔道整復師