LINEで送る
Pocket

当院は、広島県広島市中区八丁堀にある有痛性外脛骨及びスポーツ疾患、痛み治療専門の鍼灸治療院です。

整形外科で有痛性外脛骨と診断されて治療をしているが、効果が薄くありませんか?

大好きなスポーツを思いっきりプレイできず悩んでいませんか?

そのまま放置していると、精神的なストレスにもなり、日常生活に支障が出てしまいます。

そうならないためにも、どこか良い治療院はないかな~と探しておられるはずです。

有痛性外脛骨を治すには、鍼灸、マッサージ、電気治療、整体、ストレッチ、インソール…

実に様々な治療方法があります。

実際どれが効果的なのか、正直迷うのではないでしょうか?

私は、「正しい医学的理論」に裏付けられた治療方法こそ、有痛性外脛骨にとって最良の方法と考えております。

数多くある鍼灸院の中でも当院の鍼治療は、医師も推薦するMPS理論(筋膜性疼痛症候群)に基づいたトリガーポイント療法をベースに治療しております。

当院の有痛性外脛骨治療に興味をお持ちの方は、是非、参考にしてみてください。

有痛性外脛骨の原因

有痛性外脛骨とは、足の舟状骨という骨(内くるぶしの前下方にある)に過剰に骨ができ、痛みが発生する疾患です。

見た目では、骨が出っ張って見え、押したりすると痛みがでます。

骨が出ていても痛みがない人もおり(外脛骨)、痛みがあるので、有痛性といいます。

レントゲンを撮ると、過剰に骨ができているのがすぐわかるので、診断は簡単ですが、治療には長期を要します。

有痛性外脛骨になった原因としては、偏平足による骨格の問題、繰り返し動作、捻挫などの外傷に伴い起こるなどが一般的です。

特に、有痛性外脛骨の多くが、偏平足を併発しています。

有痛性外脛骨の症状

10代の成長期の子どもに多くみられ、中には成人になって痛みが出てくる人もいますが、当院に来院される方は、ほとんど中学生で部活をしている子ども達です。

症状としては、一番は、やはり運動時の「痛み」。

痛みの特徴としては、「舟状骨の骨の出っ張りの激痛」です。

・靴を履いても痛い。靴が骨に当たることで痛みが出る。

・痛みが強いときは、歩くのも痛い。

・症状が長引くと、舟状骨だけでなく、下半身に痛みや違和感が出ることもある。

病院では、湿布、リハビリ、電気治療などで痛みを取っていきますが、なかなか改善しないことが多いのが現状です。

有痛性外脛骨に対する治療方針

当院の考える有痛性外脛骨に対する治療方針を説明します。

多くの方が長期間有痛性外脛骨による痛みで悩んでおられます。

その中でも現在の治療に満足していない!という患者さんを多く診てきました。

鍼治療は、私とあなたが同じ目標に向かって改善を目指す共同作業です。

当院では、慢性的な症状を少しでも楽に、痛みのない元の生活に戻れるよう全力で治療することをモットーにしております。

冒頭にも書いた通り、当院の鍼治療は、MPS理論に基づいたトリガーポイント療法をベースに治療していきます。

簡単にいいますと、有痛性外脛骨の原因として「筋膜や骨膜が痛みの原因」に大きく関わっています。

骨膜とは、骨を包んでいる膜のことです。

身体を酷使したり、長時間同じ姿勢でいると、その筋膜に異変が生じ痛みやコリ、違和感を感じるようになります。

有痛性外脛骨の場合は、筋膜というよりかは、「骨膜」に問題があります。

いわゆる膜です。筋肉にも骨にも膜があります。

そこに痛みの根本的な原因があります。

有痛性外脛骨の症状を解消するためには、この筋・骨膜を整え、本来あるべき状態へ導く必要があります。

※詳しくはこちらを参照してください(筋膜性疼痛症候群、トリガーポイント療法とは

有痛性外脛骨に対するトリガーポイント療法、筋膜リリース

そこで効果的なのが鍼による筋膜リリースです。

当院は、広島鍼灸業界で初めての導入となる、最新型超音波エコーを用いて、筋肉や筋膜の状態、トリガーポイントの位置を目視で確認しながら確実な治療を行っております。(鍼によるエコーガイド下筋膜リリース

有痛性外脛骨の治療は、筋膜に対するアプローチも大事ですが、根本の舟状骨の骨膜に対するアプローチをメインに、後脛骨筋の腱なども含め、鍼を打っていきます。

これは、左足の舟状骨とその舟状骨に付着する後脛骨筋の腱です。

痛みの出ている舟状骨の骨膜には、後脛骨筋腱という腱が付いています。(赤丸部分

そのため、舟状骨だけでなく、後脛骨筋も治療していくことで改善していきます。

実際の有痛性外脛骨を有する患者さんの画像ですが、黒点のラインが後脛骨筋の腱で、その先の骨が出っ張ったところが舟状骨になります。

そこを治療していくと、このようになります。

足は感覚が鋭い部分ですので、細い鍼で打ちます。

痛みのある部分に鍼が当たると、痛みと同じ痛みを感じます。

そこがトリガーポイントです。

トリガーポイントを処理することが痛みの根治に繋がります。

有痛性外脛骨の治療回数目安

何ヵ月も何年も続いている症状が1回の治療で良くなることは、通常あまりありません。

悪くなるだけの痛みの歴史がありますので、初めは5回程度続けることをご提案しております。

有痛性外脛骨に関する記事

 

有痛性外脛骨の鍼灸臨床症例集

 

有痛性外脛骨患者さんの感想

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〒730-0013 広島市中区八丁堀1-23 ヴェル八丁堀1214

なかいし鍼灸院 広島治療室

院長 中石真人  詳しくはコチラ→プロフィール

TEL.0846-64-5455 または 080-2945-8873【完全予約制】

ご予約は、「広島治療室の件で・・・」とお電話ください!

診療日:第1以外の土・日曜日(月6回) 

今月の診療日でご確認ください!

診療時間:9:00~17:00

平日はコチラで治療しています→鍼灸・接骨 なかいし

患者さんの感想

はじめての方へ

治療内容・料金

ご予約方法

アクセス

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

The following two tabs change content below.
中石 真人
昭和59年生まれ。広島県在住。高校野球時代のケガをきっかけに鍼灸師の道へ。大崎上島町(平日診療)と八丁堀(土日診療)で「慢性的な痛み・シビレ、スポーツ疾患、自律神経失調症」に特化したトリガーポイント療法・筋膜リリース専門の鍼灸院を2店舗開院。日々診療にあたっている。大のカープファンである。 国家資格:鍼灸師・柔道整復師