主訴

・坐骨結節の痛みと腰痛は、2年前から、足裏は1年前から症状がある

・腰痛のメインは左で坐骨も足裏も症状は左にある

・30年前に腰椎椎間板ヘルニアの手術をしている

・普段は座って仕事をしていることが多く、座位時に坐骨の骨と椅子が当たって痛い

・病院では、腰痛と梨状筋症候群と診断された

(のちにMRI検査をしたが特に異常はなかった)

・リリカ、メイラックス、漢方を服用している

・今までAKAなどいろんな治療をしてきたが良くならず、トリガーポイントにかけて来院

治療 トリガーポイント鍼療法

当院は、広島鍼灸業界で初めての導入となる、最新型超音波エコーを用いて、筋肉や筋膜の状態、トリガーポイントの位置を目視で確認しながら確実な治療を行っております。(鍼によるエコーガイド下筋膜リリース

1~3回目:少し楽になった。腰が一番楽になった。

4~8回目:痛むとこがはっきりしてきた。初回を10とすると今は3

9~14回目:坐骨の痛みはジンジンする痛みから圧迫感、鈍痛に変わった。

現在継続治療中。

腰臀部の鍼をメインに坐骨の痛みは仙結節靭帯へ刺鍼しました。

初回の状態と比べるとずいぶん楽になり、あと少し坐骨の痛みが残っている感じです。

患者さんの感想

はじめての方へ

治療内容・料金

ご予約方法

アクセス

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〒730-0013 広島市中区八丁堀1-23 ヴェル八丁堀1214

なかいし鍼灸院 広島治療室

院長 中石真人  詳しくはコチラ→プロフィール

TEL.0846-64-5455 または 080-2945-8873【完全予約制】

ご予約は、「広島治療室の件で・・・」とお電話ください!

診療日:第1以外の土・日曜日(月6回) 

今月の診療日でご確認ください!

診療時間:9:00~17:00

平日はコチラで治療しています→鍼灸・接骨 なかいし

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

The following two tabs change content below.
中石 真人
昭和59年生まれ。広島県在住。高校野球時代のケガをきっかけに鍼灸師の道へ。大崎上島町(平日診療)と八丁堀(土日診療)で「慢性的な痛み・シビレ」に特化した鍼灸院を開院。日々診療にあたっている。大のカープファンである。 国家資格:鍼灸師・柔道整復師