広島市中区の鍼灸院 女学院前駅徒歩1分 八丁堀駅徒歩7分 トリガーポイント療法 土日診療

筋膜性疼痛症候群(MPS)、トリガーポイント療法とは

  • HOME »
  • 筋膜性疼痛症候群(MPS)、トリガーポイント療法とは
LINEで送る
Pocket

筋膜性疼痛症候群(MPS)とは

筋膜性疼痛症候群(きんまくせいとうつうしょうこうぐん:Myofascial Pain Syndrome:MPS)は、筋肉や筋膜が原因となって痛みやしびれを引き起こす病気です。

長時間の無理な姿勢や急激な動作などにより繰り返し筋肉に負担をかけると、小さな損傷が発生します。いわゆる筋肉痛の状態です。

通常は、この痛みは数日で回復しますが、さらに、繰り返し筋肉に負荷を与え続けると、その部分の筋肉が硬くなり短時間で回復できなくなります。(トリガーポイントが形成された状態です)

このトリガーポイントにより痛みが発生している状態を筋膜性疼痛症候群(MPS)と言います。

筋膜性疼痛症候群(MPS)は、一般的な筋肉痛とは違い、痛みやシビレの強さが相当激しく広範囲に発生する特徴があります。

※筋膜性疼痛症候群(MPS)の詳しい情報は、Wikipediaを参照してください。

痛む場所が本当の原因部位ではない

筋膜性疼痛症候群(MPS)やトリガーポイントの複雑なところは、「痛む場所が本当の痛みの原因部位ではない」ということです。

例えば、捻挫や打撲など怪我をした場合は、「痛む場所=原因部位」とわかりますが、筋肉や内臓、慢性的な痛みの場合は、少し違います。

「痛い場所」と「痛みの原因」が一致しないことが多いのです。

症状と原因が一致しない!

それが筋肉の痛みの最大の特徴です。

症状が出ているところだけを治療しても効果が出ないのは、この筋肉の痛みの特徴により治療部位にズレがあるからなのです。(腱や靭帯などの痛みは例外があります)

痛い場所に囚われず、痛みの発生場所を正確に見つけ出すことが重要となります。

トリガーポイントとは

上記で説明した痛みの発生場所(原因)をトリガーポイントといいます。

トリガーポイントとは、その名の通り『痛みの引き金になる点』のことです。

銃の引き金を引くと弾が遠くまで飛んで行くのと同じように、トリガーポイントが引き金となって、遠くの場所に痛みを飛ばしているのです。

その遠くの場所に感じる痛みを「関連痛」といいます。

tp5

痛みの発生場所(原因)・・・トリガーポイント

痛みを感じる場所(症状)・・・関連痛

トリガーポイントの中でも認知覚があるものを責任トリガーポイントといい、その責任トリガーポイントを治療することが本当の痛みの改善につながります。

認知覚とは、症状の再現(症状と同じ感覚)「痛いところはそこだ!」と本能的に感じる感覚です。

筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会の最新の研究では、『筋膜の癒着』がトリガーポイントではないか?と考えています。

筋膜とは、筋肉や内臓、骨などを包んでいる膜のことです。

例えば、長時間同じ姿勢や運動不足、過度な繰り返し動作などでこの膜が動かなくなり、膜同士が癒着してしまいます。

そして、筋膜が厚くなったり、滑りが悪くなったりすることにより痛みが引き起こされます。

実際に、超音波エコーで観察すると、『筋膜の癒着』がある部分は、白い線が太く写ります。

その部分に鍼を当てると、「響き」や「認知覚(痛いとこに鍼が当たったと本能的に感じる感覚)」が生じ、症状が改善します。

TEST_20160330083747

※従来のトリガーポイント療法×超音波エコーを組み合わせた業界最先端の治療は、鍼によるエコーガイド下筋膜リリースを参照してください。

トリガーポイントができる原因

・長時間の同じ姿勢

・過度な仕事やスポーツ

・反復動作

・ストレス

・血行不良

・自律神経の乱れなど

・ケガや手術

上記が原因で筋肉に疲れが溜まり、その疲れが続くと血流が悪くなり、筋肉が硬くなってきます。

その硬くなった筋肉の中に、トリガーポイントができます。

その状態がその後も続くとトリガーポイントが、責任トリガーポイントに変わり、さまざまな痛みシビレを引き起こします。

トリガーポイントができる部位

筋肉

筋膜

靭帯

骨膜

関節包など

トリガーポイント療法の効果

痛みの本当の原因は責任トリガーポイントにあります。

責任トリガーポイントは様々な要因により過敏になっており、その過敏さを鍼によって収めていくと症状が改善されていきます。

・血流の改善により筋肉が柔らかくなる

・自律神経のバランス調整(交感神経の活動を抑え、副交感神経の活動をあげる)

・脳内で痛みを抑制する物質(内因性モルヒネ様物質)が放出され、痛みがやわらぐ

※その他、詳しくは、トリガーポイント療法が身体に与える影響を参照してください。 

トリガーポイント療法と他の鍼灸治療との違いについて

他の多数の鍼灸治療では、トリガーポイントの存在を知らなかったり、無視をした治療を行っています。

また、痛みの原因となる責任トリガーポイントをきちんと処理することが、痛みの根本治療になるのですが、他の鍼灸治療では、なかなか責任トリガーポイントを探し出せなかったり、探し出せたとしても正確にその筋肉へ鍼を刺せなかったりするので効果がバラバラなのです。

当院は、責任トリガーポイントの探索と正しい筋肉へのアプローチを得意としておりますので、安心して体をお任せ下さい!

トリガーポイント適応症

慢性痛、肩こり、腰痛、背中痛、殿部痛、膝痛、頭痛、五十肩、ギックリ腰、寝違い、めまい、耳鳴り、テニス肘、ゴルフ肘、野球肩、スポーツ障害、坐骨神経痛、ヘルニア、しびれ、TFCC損傷、腱鞘炎、筋膜性疼痛症候群、線維筋痛症、むち打ち症、慢性疲労性症候群、頚性神経筋症候群(首こり病)など

その他にも適応症状ありますので、ご相談ください!

※詳しくは、こんな症状の方が来院されています鍼灸臨床症例集を参照してください。

下記の地域からご来院いただいております

広島県

広島市中区、広島市東区、広島市南区、広島市西区、広島市佐伯区、広島市安芸区、広島市安佐南区、広島市安佐北区、安芸郡、廿日市市、東広島市、呉市、江田島市、竹原市、豊田郡、三原市、尾道市、福山市、府中市、大竹市、安芸高田市、三次市、庄原市

岡山県

岡山市中区、岡山市南区、岡山市東区、岡山市北区、倉敷市、玉野市、笠岡市、浅口市、総社市

山口県

山口市、岩国市、柳井市、周南市、光市、下松市、宇部市、防府市、下関市

島根県

松江市、出雲市、浜田市、益田市、江津市、大田市、邑智郡

愛媛県

今治市、松山市、新居浜市、西条市

大阪府

東淀川区

和歌山県

東京都

ホームページを見て・・・とお電話ください! TEL 0846-64-5455【完全予約制】 9:00~17:00(土・日曜のみ診療)

PAGETOP
Copyright © なかいし鍼灸院 広島治療室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.