広島市中区の鍼灸院 女学院前駅徒歩1分 八丁堀駅徒歩7分 トリガーポイント療法 土日診療

インプラント手術後の眼窩下神経損傷による顔面のシビレ、首・肩こりによる頭痛、吐き気、自律神経症状に対するトリガーポイント鍼療法

  • HOME »
  • インプラント手術後の眼窩下神経損傷による顔面のシビレ、首・肩こりによる頭痛、吐き気、自律神経症状に対するトリガーポイント鍼療法

インプラント手術後の眼窩下神経損傷による顔面のシビレ、首・肩こりによる頭痛、吐き気、自律神経症状 30代女性

主訴

5年前、インプラント手術で眼窩下神経を損傷して、右顔面(右鼻孔外~下方、ほうれい線周囲)にシビレがある。

以前は、感覚がなく無意識によだれを垂らすなど重症だったが、現在は、麻酔をかけられた状態、ジンジンする感覚まで回復している。

今まであらゆる治療をしてきた。

15年前から首・肩こりがあり、何をしても良くならない。

頭痛、吐き気、ほてり、眼精疲労、不眠、便秘、イライラして疲れが取れないなど自律神経症状が強く出ている。

左棘下筋が常にシビレている。

検査

顔面部は触ると感覚はあるものの左右差があり、右はフワフワした感じがする。

首~肩にかけて筋緊張が強い。

トリガーポイント鍼療法

当院は、広島鍼灸業界で初めての導入となる、最新型超音波エコーを用いて、筋肉や筋膜の状態、トリガーポイントの位置を目視で確認しながら確実な治療を行っております。(鍼によるエコーガイド下筋膜リリース

まず、伏臥位で首~肩にかけて鍼を打ち、次に仰臥位で顔面部に集中して鍼を打った。

僧帽筋、肩甲挙筋、頭頚板状筋、頭半棘筋、後頭下筋群、起立筋、左棘下筋、右顔面部(シビレ部分)など

1回目:左棘下筋と顔面部のシビレ部分で認知覚が出た。鍼を打つとしびれる感覚が再現。

2回目:治療後3日間調子が良く、シビレをあまり感じなかった。3日たつと元に戻ったとのこと。

現在、継続治療中。

考察

神経損傷は部分損傷だったため、少しずつ回復に向かうと思います。

このような症状は、長い時間を要します。

根気強く継続治療をしていきます。

医療事故なので、精神的な症状、身体的な症状どちらも関与してくるので、全体的なケアの必要性を感じた症例です。

患者さんの感想

はじめての方へ

治療内容・料金

ご予約方法

アクセス

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〒730-0013 広島市中区八丁堀1-23 ヴェル八丁堀1214

なかいし鍼灸院 広島治療室

院長 中石真人  詳しくはコチラ→プロフィール

TEL.0846-64-5455 または 080-2945-8873【完全予約制】

ご予約は、「広島治療室の件で・・・」とお電話ください!

診療日:第1以外の土・日曜日(月6回) 

今月の診療日でご確認ください!

診療時間:9:00~17:00

平日はコチラで治療しています→鍼灸・接骨 なかいし

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ホームページを見て・・・とお電話ください! TEL 0846-64-5455【完全予約制】 9:00~17:00(土・日曜のみ診療)