LINEで送る
Pocket

広島治療室へ来院される症状で一番多いのが、肩こりや首こり、それに伴う頭痛、めまい、眼精疲労などです。

そのような患者さんを鍼治療していく過程で、「ストレートネック」になっている方が実に多いです。

ストレートネックを正常な状態に正し、肩こりや首こりを解消するためには、鍼治療だけでなく、プラスαが必要です。

それは、自分でもストレートネックを治す運動をすること以外ありません。

自分でもできることはやっていく気持ちが大切です。

鍼治療により筋肉や筋膜の緊張を取り除き、なおかつ自分でも筋肉を伸ばしていくことで、相乗効果がうまれます。

このページでは、ストレートネックを自分でも治すための筋膜リリースやストレッチのやり方をご紹介します。

是非、参考にしてみてください。

ストレートネックとは

正常な首は、このように首の骨が前に弯曲した状態をしています。

このことを頚椎の前弯といいます。

このような状態をキープすることによって、重たい頭を支えています。

実は、頭の重さは5㎏あり、かつ片腕で4㎏、両腕を合わせると8㎏、両肩に吊り下げているような構造をしています。

そのため、正しい姿勢を意識していても、首自体にそれだけの負担がかかってしまうことがわかると思います。

しかしながら悪い姿勢を続けていると、それ以上に首に負担がかかります。

例えば、このように猫背になり、身体より頭が前に出て、肩も前に出る、なおかつ顎も上に突き上がる姿勢を続けていると、首の後ろの筋肉が硬く凝ってきます。

その状態で、前を見ようと顎を引こうとしても無理なので、無意識に首の真ん中あたりを前に曲げるようになります。

猫背にストレートネックが合わさった悪い姿勢になるのです。

そうなると、ストレートネックになってしまいます。

ストレートネックになってしまうと、首の骨の弯曲(頚椎の前弯)がなくなるので、ストレートネックではない人と比べて、首や肩の筋肉への負担が増します。

そのため、首や肩が凝りやすくなり、時には痛みを伴うようになります。

首の骨の弯曲は、重たい頭を支えるため、その重さを分散させる役目があるのです。

ストレートネックは、その重さの分散ができなくなるので、首の筋肉をストレッチして柔らかくしたり、筋膜リリースをすると改善します。

ストレートネックを治す筋膜リリースストレッチ

NHKのためしてガッテンなどテレビでも紹介された方法です。

タオルを使ってストレートネックを治す筋膜リリース

①真っすぐ正しい姿勢で椅子に座って、タオルを首の後ろに当て両手で持ちます。

②首を後ろに倒すと同時に手で持ったタオルを斜め上方へ引っ張ります。

この状態を10秒キープします。

③タオルを引っ張る力はそのままで、顎を下へ引きます。

このとき、タオルが後ろに引かれそうになったら、この位置でとめます。

この状態を20秒キープします。

※この一連の流れを3回繰り返しましょう。

※手でタオルを引く力、角度がポイントです。引く力が強すぎると、最後に顎を引くのが難しいので、自分に合う力加減を調節してみてください。

タオルを使って首筋膜リリース

①タオルで左肩を押さえます。

②顎を引いたまま右側に首を倒します。

この状態を10秒キープします。

③次にその状態から、頭と首を左側へ回します。

この状態を10秒キープします。

④この状態からさらに、鼻を右側の肩に近づけるように頭と首を回します。

この状態を10秒キープします。

※この一連の流れを左右3回繰り返しましょう。

※このようにタオル側の肩が上がってしまわないように注意しましょう。

肩甲骨周り筋膜リリース①

①椅子に座って、両手でそれぞれ反対側の肘を持ちます。

その状態から、両肘を前下方に引っ張り背中を伸ばします。

この状態を10秒キープします。

②次は、後上方に引いて前面を伸ばします。

この状態を10秒キープします。

③両肘を前方に真っすぐ引っ張り背中を伸ばします。

この状態を10秒キープします。

④次は、後方に真っすぐ引いて前面を伸ばします。

この状態を10秒キープします。

⑤両肘を前上方に引っ張り背中を伸ばします。

この状態を10秒キープします。

⑥次は、後下方に引いて前面を伸ばします。

この状態を10秒キープします。

※この一連の流れを3回繰り返しましょう。

※肘を前方に出すときは腰を丸めないように、肘を後方に引くときは腰を反り過ぎないように注意しましょう。

肩甲骨周り筋膜リリース②

①右手を頭の上に、左手を腰につけて、それぞれの肘の角度を90°直角に曲げます。

これが基本姿勢です。

②両方の肩甲骨を反時計回りに回すように手を動かします。

この状態を20秒キープします。

③その後、右足を左足の前で交差し、腰を左に反ります。

この状態を20秒キープします。

④ここまで慣れてきたら、さらに顔を左肩に近づけるように回します。

この状態を20秒キープします。

※反対側も行い、左右でバランスを取りにくい側は、入念に行うと良いでしょう。

片腕筋膜リリース

①椅子に座り、左手で右肩を押さえます。

右手は指先を伸ばし、引っ張られるイメージで。

②顎を引いたまま首を左に倒します。

③顔が左肩に近づくように首を回します。

この状態を20秒キープします。

※反対側も行い、左右で伸びにくい方向は時間をかけて行うと良いでしょう。

筋膜リリースのコツ

普通のストレッチよりも穏やかにゆっくり伸ばすように心がけてください。(気持ちが良いと感じる程度)

筋膜リリースに慣れるまでは、10~30秒伸ばし、慣れてくると90秒以上できるように頑張ってみましょう。

1セット3回を目安にすると良いです。

効果を上げようと勢いをつけて無理に伸ばしたり、痛みを我慢しないよう注意してください。

まとめ

いかがでしたか?

代表的な5つの筋膜リリースを紹介しました。

ストレートネックが気になる方は、「タオルを使ってストレートネックを治す筋膜リリース」をメインに行うといいでしょう。

自分に合ったペースで毎日継続することが大切です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〒730-0012 広島市中区上八丁堀4-28 松田ハイツ702

なかいし鍼灸院 広島治療室

TEL.050-1255-9166【鍼灸院固定電話】080-2945-8873【院長携帯】

休診日:第1土曜日、祝日(土日が祝日の場合は診療)今月の診療日でご確認ください!

担当 院長 髙野 髙野 髙野 院長 院長髙野 院長髙野
電話受付時間 9:00~16:00 13:00~21:00 13:00~21:00 13:00~21:00 9:00~16:00 9:00~16:00 9:00~16:00
診療時間 9:00~17:00 13:00~22:00 13:00~22:00 13:00~22:00 9:00~17:00 9:00~17:00 9:00~17:00

院長は鍼灸・接骨 なかいし(火・水・木)診療しています。

患者さんの感想

はじめての方へ

治療内容・料金

ご予約方法

アクセス

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

The following two tabs change content below.
中石 真人
昭和59年生まれ。広島県在住。高校野球時代のケガをきっかけに鍼灸師の道へ。大崎上島町(平日診療)と八丁堀(土日診療)で「慢性的な痛み・シビレ、スポーツ疾患、自律神経失調症」に特化したトリガーポイント療法・筋膜リリース専門の鍼灸院を2店舗開院。日々診療にあたっている。大のカープファンである。 国家資格:鍼灸師・柔道整復師